アクセサリープレートトップイメージ

アクセサリープレート作成

アクセサリー服飾雑貨向けのオリジナルプレート。

オリジナリティを守るアクセサリープレートとして、テールエンドなどにさりげなくブランドロゴを刻印し、製品の価値を守りましょう。

硬く丈夫で、重厚感あふれる真鍮の特性を生かし、メッキ加工での彩色仕上げで特徴的な存在感を表現。

ブランドの歴史やコンセプトを象徴するにふさわしく、奥ゆき・陰影のある角の立った精細な柄表現が可能。

真鍮無垢での仕上げも人気で、使い込むほどに味わいのある色合いに変化していきます。

下記製品一覧を参考に、作りたいイメージに近い表現方法をご検討ください。

アクセサリープレートサンプル一覧

アクセサリープレート規格

※弊社運営の専門サイトにて、更に詳しくご紹介しております。
↓こちらもご覧ください。↓

アクセサリープレート.com青谷製作所バナー

仕上げ方法一覧

主に真鍮製で作られることの多い、アクセサリープレートの仕上げ方法をご紹介いたします。
一般的な各種メッキに加え、真鍮独特の持ち味をいかした無垢での仕上げ、プレートの付加価値を高めるメッキ加工による彩色で、より存在感のある仕上りを再現することも可能です。

メッキ ブラスト(ホーニング) アンティーク(古美)
金銀銅メッキ画像 ブラスト画像 アンティーク画像
表面に金属皮膜を施す各種メッキ。
銀色(ニッケル)・金色(ゴールド)・銅色(ピンクゴールド)を主色に、ガンメタやウスキンなどもあります。
より変質の少ない高級メッキのロジウムメッキも可能です。
各種メッキ前の金属素地に、砂やガラスなどの粒子を吹き付けて表面を粗らす加工。
ブラスト処理後のメッキ面は艶消しになり、全体的に白んで高級感が増し、落ち着いた印象に仕上がります。
古めいた変色を再現したメッキ仕上げで、硫化反応で黒く変色させた部分をランダムに磨き上げて風化したような陰影を表現します。
金銀銅色それぞれの色合いがあり、2つと同じものがない無い個体差が特徴。

アクセサリープレート作成でお悩みの場合は...

プレス職人画像

★アクセサリープレート(テールエンド)の仕上がりは、ロゴデザインや文字数によっては職人の経験に基づいた細やかな仕様設定が必要になります。

取り付ける対象や用途に応じて、どんな仕上げにするのが良いのか?? ...など

デザイン・仕様に悩んだときには、メールやお電話などでお気軽にご相談ください!!

60年の製作実績の中で培ってきた、ロゴプレート職人の技術的な視点から的確なアドバイスをさせて頂きます。

デザインイメージの無料作成も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ窓口:担当 川合 までお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-3268-5425 / FAX:03-3268-5426 / MAIL:aotani@logo-plate.com

定休日:日曜 祝日/第1・3・5土曜日

お問い合わせはコチラ